貧血による頭痛の原因と対策

貧血による頭痛がツラい・・・

貧血による頭痛はツラい症状のひとつ。

貧血の症状に頭痛があるということを、ご存じでない方もいるかも知れません。

 

貧血の症状はどれも不快ですが、中でも頭痛はとてもツラいものです。

 

どうして貧血で頭痛になるのでしょう?
その頭痛は本当に貧血が原因なのでしょうか?
貧血からくる頭痛と間違えやすい病気・症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

貧血から頭痛になる原因とその対策について、まとめていきます。

貧血になると頭痛になる原因

貧血による頭痛の原因は脳の酸欠だった!

なぜ貧血から頭痛になるのでしょうか?

 

一言で言えば、脳の酸欠によるものです。

 

酸素はもちろん、口や鼻から吸った空気から直接、脳に行くわけではありません。
血液の中にある赤血球が運搬役となって、酸素を肺から取り込んで脳や他の臓器・部位に送り込むのです。

 

貧血とは、酸素を運ぶ赤血球が不足している状態です。

 

貧血によって脳が酸欠を起こして、それに伴い頭痛が発生するというわけです。

 

高い山に登ると、空気中の酸素が薄いことによって高山病になることは良く知られていますが、この高山病も酸欠によるものなので、貧血と同様の頭痛が起きます。

 

貧血による頭痛を起こしている人は、高山病にかかっているようなものなのです。

 

体重が50Kgの人の場合、脳は約1.0Kgの重量があります。
全体重の割合でみると、脳はたったの2%の重量しかありません。

 

それなのに脳で酸素を消費する割合は、全消費量のうち25%にもなります。
脳は他の臓器や部位に比べて、最も酸素を消費する部分なのです。

 

脳は酸素欠乏の影響を受けやすく、貧血によって頭痛が発生しやすくなります。

 

 

その頭痛は本当に貧血によるもの?

だるさや動悸も貧血の症状のひとつ

頭痛が起きたとき、その原因が貧血によるものなのか、それ以外のものなのか、判断に悩むことがあると思います。

 

ひとつの判断方法として、
まぶたの裏側が白くなっていれば貧血状態
・目の下に青いクマがあれば貧血状態
ということは、かなりの確率で言えます。

 

赤血球が不足していれば、まぶたの裏側から赤みがなくなり、目の下に青いクマができやすくなるためです。

 

あるいは下記のような貧血の症状があるかどうかを確認してみましょう。

 

  • フラフラする、めまいがする
  • 体の不調が続く
  • 立ってられない
  • 体にダルさを感じる
  • 動悸や息切れがある
  • 疲れやすい、疲れがとれにくい
  • 首や肩がこる
  • 気持ち悪くなる
  • 顔色が悪い(青白くなる)、
  • 爪の色が白っぽくなる、そりかえる
  • 抜け毛・枝毛が増える
  • 髪の毛や肌のつやが失われる
  • 女性の場合、生理不順や妊娠しにくくなる

 

ただし、貧血であったからと言って、現在起きている頭痛が貧血によるものとは、もちろん言えません。
ですが、貧血を持っている以上は早急に貧血を治す必要があることに変わりはありません。
放置しておくと、大きな病気をひきおこしたり、妊娠した後に苦労することになるので、すぐに対策を始めましょう。

妊婦さんの貧血はとっても危険

 

 

原因を貧血と間違えがちな頭痛

頭痛自体どれも似たような症状と言えそうですが、貧血と間違えがちな頭痛も紹介しておきます。

 

低血圧

「貧血=低血圧」と思われがちですが異なります。
貧血は血液の中にある赤血球が少ない、つまり濃度が薄いことで酸欠を起こします。
一方、低血圧は血液を送り込む心臓のポンプ機能が弱いことで起こります。
結果的に高い位置にある頭に血液が行かず、酸欠で頭痛を起こします。

 

低血圧の場合は、治療法や対処法が貧血とは異なります。

 

 

腎性貧血

腎臓機能が低下すると、赤血球を作る原料となるエリスロポエチンを製造できなくなります。
結果として腎性貧血となり、貧血そして頭痛が発生します。
貧血ではありますが、鉄分の補給をしても改善出来ないという部分で大きく異なります。

 

 

うつ病や自律神経失調症

これらの病気や症状は、体に信号を送る自律神経の乱れや異常を起こします。
その結果として、体内の昼夜逆転現象が起きてしまいます。

 

日中、活動するときに血液の巡りが悪くなり、結果として頭痛が発生することがあります。

 

 

その他

その他の病気による頭痛、もしくは鉄分不足以外の貧血による頭痛というのも多くあります。
鉄欠乏性貧血への対策をとっているのに改善しない場合は、早めに病院で診察を受けましょう。

 

 

貧血による頭痛の対策

貧血にも多くの原因があります。

貧血の原因・まとめ

 

ですが、貧血の大半は鉄欠乏性貧血です。

鉄欠乏性貧血とは?

 

鉄分の不足を補う方法には

  • 食生活の見直し
  • 通院による治療
  • サプリメントの利用

などがあります。

 

食生活の見直しでは、以下のようなものを多く摂取しましょう。

  • 肉や魚に多く含まれる鉄分
  • 大豆や乳製品に多く含まれるタンパク質
  • 緑黄色野菜や果物に多く含まれるビタミンC

貧血に良い食べ物

 

通院による治療では、食生活の指導と、場合によって鉄剤(てつざい)の処方がされます。
鉄剤は、鉄分を摂取するのに良いのですが、吐き気・下痢・胃痛・頭痛などの副作用があるために、服薬することをやめてしまう方も多くいます。
医師と相談しつつ、治療をしていきましょう。

鉄剤フェロミアの副作用

 

サプリメントは栄養補給としては手軽で

  • 食生活を見直した結果、太ってしまないか心配
  • バランスの良いメニューを考えつづけることが大変すぎ

と感じる方にはよく利用されています。

 

費用がかかってしまうのがデメリットです。
ただ、食生活の見直しをすれば日々少しずつ費用がかさんでしまうものなので、比較して考えるとそれほどの支出ではない可能性もあります。
実は病院で配布している貧血改善冊子でも、サプリメントの利用を薦めていることがよくあります。

 

 

 

貧血の原因と治しかた

 

元気ハツラツ!

貧血が美容に与える影響を知っていますか?

 

貧血は体中に酸素が不足した状態。

 

肌のハリツヤが失われ、抜け毛や枝毛の原因にもなります。

 

もちろん疲れやすさ、スッキリしない目覚めなど日常にも影響があります。

 

できるだけ早く対策しましょう!