貧血で目がかすむ原因

目のかすみと貧血は関係する?

目のかすみ、それも貧血が原因かも知れない。

  • 目の前のものがボンヤリして見える
  • 白い霧やモヤがかかった状態のように見える

 

そのような状態を、目のかすみと言います。

 

目にはカメラのピント調節のような機能があります。
これは目の周囲にある筋肉によって機能します。

 

その筋肉が疲労やなんらかの理由によって、すぐに動作しない状態になってしまうとピントを合わせるのに時間がかかり、目のかすみとなります。

 

単純に眼精疲労や緊張状態が続いたあとなどにも起こりますが、貧血が関係していることもよくあります。

 

目は常に酷使されている。

眼球の機能は広範囲で、常に酷使されている

目には実に多くの機能があります。

 

  • ピントを合わせるための機能
  • 上下左右に動かすための機能
  • レンズの役割をする水晶体
  • 光の入る量を調整する瞳孔
  • 光を脳に伝える奥底にある視神経

 

 

これだけ複雑な機能の集合で出来ていて、常に目は酷使されています。
実際、今これを読んでいる瞬間も、目を使用しているわけですね。

 

人間には外から情報を感知するセンサーとして五感があるわけですが、その五感のそれぞれが占める情報の割合はどうでしょう。

 

  • 視覚 87%
  • 聴覚 7%
  • 触覚 3%
  • 嗅覚 2%
  • 味覚 1%

 

予想されていたかもしれませんが、なんと視覚が9割近くを占めています。
それだけ目は酷使されているのですね。

 

いくら目の機能が優れていても、パソコン、スマホ、テレビなどで目を使いすぎたり、緊張状態が長く続けば、これらの機能が一時的に停止してしまうことがあってもおかしくありません。

 

 

貧血で目のかすみが起きる原因

目のクマは貧血が原因かも知れない

そして、普段、目がその酷使にある程度耐えられるのは、目の周辺の筋肉に血液がしっかりと酸素を流し込んでいるからです。

 

貧血とは、血液の赤血球が足りないために、体中に酸素をうまく運べない状態です。
体すべてに関係するため、目にも酸素を送れなくなります。

 

本来であれば、スマホを3時間くらい操作しても平気な人であっても、
貧血であることによって1時間で目のかすみを感じたり、あるいは何も目を使っていないつもりでも目がかすむ
こともあります。

 

では、目のかすみが貧血かどうかはどう判断すれば良いのでしょうか。

 

近くに鏡がありましたら、目の下のまぶたの裏側の色がどうなっているか確認してください。
まぶたの裏側に赤みが少なく、白くなっていましたら、血液の循環が悪い証拠です。

 

また、目の下に青いクマがないか確認してください。
これも血液の循環が悪く、古い血液が滞っているためです。

 

赤血球は赤い色素から出来ているため、赤血球が十分にある状態では、まぶたの裏に赤みが見えます。
また、赤血球は体内の生産活動で排出された、二酸化炭素の運搬役も同時に行います。
赤血球は酸素を掴むと鮮やかな赤になり、一方、二酸化炭素を掴むと、どす黒い赤色になります。

 

青いクマは酸素を十分に運べておらず、二酸化炭素を掴んだ赤血球が滞っている状態ということです。

 

いずれの場合も目が酸欠状態となっていることをあらわします。

 

貧血に伴って送り込まれる血液や酸素量が少なくなれば、目のかすみ以外にも目の痛み、目の乾きを感じることもあります。

 

 

貧血は美容・健康への超超天敵!

放っておいては絶対にだめな貧血

放っておくとあっという間に老化・・・、おそろしい貧血の影響!

 

貧血とは体中に酸素を十分に運べない状態です。
酸素が足りなくなった部分は、美容にとても大きな影響を与えてしまいます。

 

抜け毛・枝毛・薄毛・白髪・髪のツヤ、肌のハリ・ツヤ、目の下のクマ…。
などをはじめ、あらゆる部分に影響があると言えます。

 

ですが、貧血の90%は鉄分不足によるものです。
十分な鉄分を摂取することで解消することが出来ます。

 

通常の食事から、十分な鉄分を摂取しようとすると栄養過多になってしまいがちです。
通常の食事+サプリメントで鉄分補給という形が良いでしょう。
病院で配布される冊子でも、サプリメントの利用を推奨しています。

 

ただし、鉄分サプリメントなら何でも良いというわけでもありません。

 

詳しくは貧血対策サプリメント | 美容健康が大切だからこそを読んでみてください。

 

そのほかの注意

目のかすみの原因は貧血だけではない

 

目のかすみは先述のように貧血によって症状が強くなりますが、貧血以外の原因もあります。

 

特に大きな病気が関わっている場合は、早期発見が重要となるためご注意ください。

 

白内障や緑内障

 

白内障は、水晶体と呼ばれるレンズが白く曇ってしまった状態です。
白く曇った状態で見ているため、結果的に目のかすみが出ます。
血液の問題ではないため、水晶体そのものを手術によって人工のレンズに交換するしかありません。

 

緑内障は、眼球がパンパンに膨らんでしまった状態になります。
眼球がパンパンに膨らんでしまうと、見るための視神経を圧迫してしまいます。
それによって神経に障害が出て、結果的に目のかすみが出ます。

 

糖尿病

 

糖尿病から来る目のかすみは、失明する恐れがあり注意が必要です。

 

糖尿病とはブドウ糖を正常に処理出来なくなっている状態のため、血液がドロドロになります。
そのドロドロの血液が眼球の血管にダメージを与え、それにより失明してしまいます。
失明する人の中で一番多い理由が糖尿病です。

 

腎性貧血
腎性貧血は腎臓の働きが低下することに伴う貧血です。
腎臓では赤血球を作る原材料となるエリスロポエチンというホルモンも製造しています。

 

腎臓でエリスロポエチンの製造機能が衰えると、赤血球を作ることができません。
その結果として、貧血を起こし、目のかすみといった症状が出ます。
腎性貧血の場合、鉄分の不足からくる鉄欠乏性貧血と異なり、鉄分、鉄剤だけを補給しても改善できません。
赤血球を作る原材料の「エリスロポエチン」を補うための薬物療法が必要となります。

 

その他
その他にも目のかすみを伴う病気はたくさんあります。
病気の可能性が疑われる場合は、まずは病院で診察を受けましょう。

 

貧血の治し方

 

貧血にも色々な原因があり、原因によって対策も変わります。

貧血の原因と治しかた

 

ですがもっとも多い原因は、鉄分・タンパク質・ビタミンの不足です。

 

食生活の見直しによって改善するのがもっとも一般的な方法です。

 

貧血に良い食べ物

 

病院での治療はもっとも安心感のある方法です。
ただ、病院で治療を受けると、鉄剤を処方されることが多くあります。
鉄剤には吐き気・下痢・胃痛・頭痛などの副作用があるため、処方されても飲まなくなってしまう方も多くいます。

 

そのほか、サプリメントによる栄養補給を行う人も多くいます。

  • 食事のバランスを考えつづけるのが難しい
  • 貧血対策の食事で太ってしまうのが心配

という方にも健康維持のために手軽に利用できる方法のひとつと言えます。
病院で配布している貧血改善冊子でも、サプリメントの利用を薦めていることがよくあります。

 

 

元気ハツラツ!

貧血が美容に与える影響を知っていますか?

 

貧血は体中に酸素が不足した状態。

 

肌のハリツヤが失われ、抜け毛や枝毛の原因にもなります。

 

もちろん疲れやすさ、スッキリしない目覚めなど日常にも影響があります。

 

できるだけ早く対策しましょう!